丸の内15丁目 PROJECT. Presents 2019 KICK OFF! MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL

SCROLL

RUG BIZ SHOW ビジネススクール

TACKLE THE ISSUE 不屈の社会学

ラグビーの世界には、現代社会に不可欠なすべてが備わっている。
選手それぞれに求められる、「リーダーシップ」。
お互いの役割を理解し、生かす、「マネジメント」。
ゲームプランを緻密に組み立てる、「戦略的思考」。

突破不可能と思われる課題に対しても、抜本的な解決策を生み出す。
そして、規律や伝統を尊重しながらも、新たな変化を許容する土壌がある。
「一人は全員のために。全員は一つの目標のために。」
ラグビーは、最小組織の中で起こる、究極の社会学である。

ここは、そんなラグビーの柔軟かつ不屈の思考法で、課題を捉え、学ぶ場。
ビジネスの最前線で活躍するラガーマンや、現役の選手から、
実際の体験とその過程を基に講義を行ってもらう。

2019/1/18(金)
19:00-20:30

ラグビーからみる人材育成
&人材発掘に関して

中竹竜二

日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター
株式会社チームボックス 代表取締役

1973年福岡県生まれ。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇を果たす。2010年、日本ラグビーフットボール協会 「コーチのコーチ」、指導者を指導する立場であるコーチングディレクターに就任。2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチを経て、2016年には日本代表ヘッドコーチ代行も兼務。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』(CCCメディアハウス)など多数。

左京泰明

特定非営利活動法人シブヤ大学 代表理事

1979年福岡県中間市出身。早稲田大学第二文学部卒業。2006年特定非営利活動法人シブヤ大学を設立。「シブヤの街がまるごとキャンパス」をコンセプトに、生涯学習事業、まちづくり事業を行う。近年は渋谷区での実践を基に、全国の地域のまちづくりに関するアドバイスや、NPOに対する経営指導などにも注力している。

2019/1/20(日)
15:00-16:30

ビジネスに効く!
ラグビー流「心技体の鍛え方」

選手として、またコーチとしても日本代表でともに戦ってきた方々と一緒に「ビジネスに効く!ラグビー流「心技体の鍛え方」をテーマに、ビジネスの世界や仕事での大切なことをラグビーを通じて学ぶ。

荒木香織

園田学園女子大学人間健康学部 教授
株式会社CORAZON チーフコンサルタント

米国にてスポーツ科学(専門:スポーツ心理学 )を 学び、修士課程、博士課程を修了。主な研究分野は、スポーツにおける完全義傾向、環境とレジリエンス、女性とスポーツ。
教育、研究活動のほか最新の科学的知見を基盤として、アスリート、指導者、アーティスト及びビジネスパーソンを対象にメンタルトレーニングのプロラム及びセミナー等を提供している。
著書に、『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)。

廣瀬俊朗

東芝ブレイブルーパス BKコーチ
ラグビーワールドカップ2019™アンバサダー

1981年大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、府立北野高校を経て慶應義塾大学理工学部に進学。
1999年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝ブレイブルーパスに入団し、2007年主将就任(2007~11年度)。
2007年日本代表入り。通算キャップ28。
ポディションはスタンドオフ(SO)、ウイング(WTB)。

2015年ラグビーワールドカップでは、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。日本代表ではエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ就任後、2014年3月まで主将を2年間務め精神面でもチームを支えた。

引退後においては、現在ビジネスブレークスルー大学院で勉強中である。NPO Doooooooo理事、一般社団法人スポーツボランティア協会代表理事、一般社団法人キャプテン塾代表理事として活動する。

真壁伸弥

サントリーサンゴリアス所属
ポジション:LO(ロック)

日本代表クラス選手はプロも多いが、社員選手としてトップチームで気を吐くのが2015年ワールドカップメンバーでもあるLO真壁伸弥。
193センチ125キロと日本人離れした体格を武器に、外国人選手にも引けをとらない突破力が魅力。
「痛いプレーを率先して行うことが自分の仕事」と自己犠牲の精神と持ち前の闘争心でチームを鼓舞。
2016年度、17年度のサンゴリアスの2期連続二冠獲得にも貢献した。
またウィスキー愛好家でもあり、「ウィスキーエキスパート」の資格を持ちセミナーも実施。
日々ラグビーとウィスキーの啓蒙活動に励む。

矢野武

スポーツ実況アナウンサー(フリー)

講演スケジュール

1時限目 2019/1/18(金)19:00 - 20:30 マルキューブ
講師:中竹 竜二 左京泰明
2時限目 2019/1/20(日)15:00 - 16:30 マルキューブ
講師:荒木 香織 廣瀬 俊朗 真壁 伸弥

協力:一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会

  • ※やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。

RUGBY THEATER 映画館

激闘が生んだ物語

ラグビーは、私たちに教えてくれる。
少年の心を。不屈の精神を。努力の意味を。
愛を誇りを。紳士の流儀を。

そんな男たちの闘いは、
試合ごとに、プレーごとに、名勝負を生み出してきた。
それだけではない。
同時に生み出されてきた、
男たちのドラマがある。

極限の精神が生み出した、
剥き出しの物語を軸に据え、
ラグビーを描く、全6本(予定)のショートストーリー。

それはきっと、すべての心に訴えかける。

上映作品

ラグビーワールドカップ2019™への招待状
Episode1 THE BEGINNING

全ての始まりは、1987年。予選もなく、招待国16カ国だけで開催された第1回大会だった。未知数の実力同士がぶつかり合う熱戦は人々を魅了した。ラグビー発祥の地が迎え入れた第2回大会では、歴史を背負った勝負が繰り広げられた。そして、人種の壁を超え、いよいよ強豪国が出揃った第3回大会。ラグビーワールドカップの黎明期を、今なお語り継がれるプレーの数々で振り返る。

1月17~20日で丸ビル1階丸キューブのスクリーンで、過去の名勝負や世界のトップラガーマンが残した“珠玉の言葉”などをテーマにしたシリーズムービー「BY THE RUGBY」の新作を公開。今回は、「ワールドカップへの招待状」と題し、ラグビーワールドカップの第1回から第3回の迫力ある名シーンや、各開催都市の熱狂の様子、そして日本代表の激闘の歴史を振り返る2本立てで、ラグビーワールドカップの魅力を存分に味わうことができる内容となっています。

※平日は20:00まで、土日は18:00まで、毎時00分より第一弾とあわせて、随時上映(他イベント開催時を除く)。

上映スケジュール(予定)
1月17日(木) 12:45~ オープニング
14:00~、15:00~、16:00~
17:00~、19:00~、20:00~
1月18日(金) 11:00~、12:00~、13:00~
14:00~、15:00~、16:00~
17:00~
1月19日(土) 11:00~、17:00~、18:00~
1月20日(日) 12:00~、17:00~、18:00~

過去の作品

JAPAN WAY

ラグビーワールドカップで唯一、総失点数1000点以上の国・日本。ラグビーワールドカップは、日本にとって敗北の歴史だった。しかし2015年、史上最大の番狂わせを起こす。不屈の男たちが挑んだ大逆転の舞台裏を、選手たちの言葉とともに綴る。

招待状(ダイジェスト)

「ラグビーは、少年をいち早く男にし、男にいつまでも少年の魂を抱かせる」。そんな言葉が生まれるほどに、世界中の人々を魅了し続けてきたラグビー。不屈の男たちの祭典・ラグビーワールドカップへの招待状をあなたに。

「BY THE RUGBY」

世界のトップラガーマンたちが残した“珠玉の言葉”と共に、ラグビーワールドカップの数々の名場面を描いたショートフィルム、「BY THE RUGBY」。
その新作完成を記念した披露試写会を開催いたします。
当日は、15丁目映画館臨時館長である糸井重里さん(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)等にお越しいただき、新作の感想や、ラグビーワールドカップの魅力などをお話いただきます)

丸ビル1階・マルキューブ
2019/1/17(木)12:45~13:45

糸井重里

「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

THEATER 劇場

よしもとラグビー同好会によるラグビー教室

ラグビーを愛するよしもと芸人達が、丸の内に集結!
これまでラグビーに触れたことのない人にもラグビーを気軽に楽しんでもらうため、アツく!オモロく!マジメに!ラグビーを語り尽くすトークを行います。

2019/1/17(木)
12:00-12:30

中川家Presents
ラグビーあるある

ラグビーでよく見る光景をモノマネなど面白く解説し、ラグビーを更に面白く観戦できる方法を伝授。

中川家

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

1992年コンビ結成、1993年に初舞台。『M-1グランプリ2001』で優勝。テレビ・ラジオでバラエティ番組を中心に活躍中。二人とも、中学高校ともにラグビー部所属。

2019/1/18(金)
18:00-18:30

スリムクラブPresents
ラグビーのレジェンド達

日本ラグビーを支えている或いは支えてきた男の中の男なレジェンドについて男気を見せながら解説。

スリムクラブ

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2005年コンビ結成、『M-1グランプリ2010』で準優勝。真栄田氏は高校時代にラグビー部に所属。花形ポジションでもあるナンバーエイトで活躍する。

2019/1/19(土)
14:00-14:30

ジャルジャルPresents
ラグビー観戦デートのススメ

自身の経験をもとに、ラグビー観戦がいかにデートに有効かを熱く語る。

ジャル
ジャル

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2003年コンビ結成。M-1グランプリなど数々のお笑いの大会で上位入賞を果たしているほか、バラエティ番組にも多数出演。両氏ともに同じ高校のラグビー部出身。

2019/1/20(日)
11:00-11:30

和牛Presents 2019ラグビーワールドカップ
2019 日本大会予想

注目選手・注目チームを紹介しながら優勝候補を予想。

和牛

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2006年コンビ結成。上方漫才コンテストで優勝、M-1グランプリでは3年連続準優勝。川西氏は高校時代にラグビー部に所属。ポジションはスタンドとセンター。

  • ※ステージプログラムの観覧スペースには限りがございます。混雑状況によりご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください。
  • ※イベントの内容は予告なく変更になる場合がございます。
会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

RESTAURANT DISTRICT レストラン街

大手町、丸の内、有楽町の飲食店17店舗でラグビーをテーマにした麺メニュー、その名も「ラガー麺」が期間限定で登場!
「食べてみたい」「美味しかった」対象メニューをTwitterに投稿してNo.1ラガー「麺」を決定しよう。
投票した方の中から抽選で「ラグビーワールドカップ 2019™ペア観戦チケット(2組4名様)」をプレゼント!
※2019年9月20日(金)19:45~ 日本大会・開幕戦「日本 対 ロシア」 のペア観戦チケット(2組4名様)です。

参加方法

開催期間

2019年1月17日(木)~2月17日(日)

【ラグビーワールドカップ2019™大会チケット懸賞規約】

1.当選者は20歳以上の日本在住の方に限ります。キャンペーン主催者の従業員、それらの代理人、第三者ならびに本プロモーションに職業上関与する者およびその直接の親族は、授賞段階でプロモーションから除外するものとします。2.当選者およびゲストは、当日、IDを持参する必要があります。3.当選者またゲストは、RWCチケットおよび観戦プランを使用する際、政治的スローガン、同性愛者を差別するような言葉、わいせつもしくは卑猥とされる映像、競合のロゴもしくは過剰なブランディングがされた、もしくはアンブッシュマーケティングもしくはRWC大会を悪用したとみなされる画像、名誉棄損、みだら、違法、品を欠く、攻撃的もしくは不適切とされるもしくは他社の権利を侵害する(知的所有権を含む)、もしくはRWCLやRWC大会のイメージや評判を悪くするようなコンテンツを表示もしくは宣伝してはいけません。参加・応募者は、この条項の違反は、RWCLに甚大な損害と損失を与えることを理解し、同意するものとします。4.当選者の方は三菱地所株式会社を通じて、個人情報をラグビーワールドカップ2019™に登録させていただく場合があります。5.このプロモーションは、RWCLの許可のもと、三菱地所株式会社が実施するため、三菱地所株式会社は、プロモーションの運営およびプロモーションに関連するすべての問題および懸念事項に対する責任を負い、RWCLもしくはRWC2019(JR2019を含む)の開催に関係したいかなる者、およびWorld Rugby(旧名 国際ラグビーフットボール評議会)は、このプロモーションに伴い発生するいかなる事象についても参加・応募者に対して一切の責任を負うものではありません。

【注意事項】

1.本キャンペーンの投稿条件に従い、2月17日(日)までにご応募いただいた方の中から抽選のうえ、当選者のTwitterアカウントへキャンペーンアカウントよりTwitterのダイレクトメッセージ(DM)にて当選通知をいたします。2.当選者の発表はTwitterのDMでの当選通知をもってかえさせていただきます。3.当選者の長期不在や、商品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合、ご当選を無効とさせていただきます。4.観戦する試合の席種はお選びいただけません。また、観戦会場までの交通費や宿泊費等、付帯する費用はお客様のご負担となります。5.大会日程およびプレゼント内容は、都合により予告なく変更する場合がございます。また、天災地変・戦乱・暴動、その他やむをえない事情により、大会が中止になる場合がございます。6.主催者は、本キャンペーンに関してお客さまに発生した損害について、一切の責任を負いません。7.このプロモーションに関してご不明点等ございましたら、お問い合わせ下さい。

RUGBY ART EXHIBITION 美術館

ラグビーXアート

ラグビーはフィジカルだけでは成り立たない。
計算し尽くされた戦略と戦術。
繊細かつ綿密な思考によって、研究と検証を重ね、組み立てられた至高のチームプレーはまさにアート。
この美術館はラグビーの芸術的な魅力を発信する場所。

RUGBY BENCH ART

丸の内からラグビーを盛り上げていくために、ラグビーボールを持った様々な有名人や人気キャラクターの像を、ベンチに設置します。ベンチとしてはもちろんのこと、隣に座って記念撮影ができるフォトスポットとして、お楽しみいただけます。

2019/1/17(木)
~20日(日)

マルキューブ(丸ビル1階)

2019/1/21(月)以降

中川家 :丸ビル前・丸の内仲通り側
くまモン:新東京ビル前・丸の内仲通り側

中川家
くまモン
会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

RUGBY BENCH ART

「ラグビーワールドカップ2019TM」のオフィシャルスポンサーを務める三菱地所が展開するプロジェクト、「丸の内15丁目プロジェクト」の象徴として、高さ約4mの巨大なラグビーボールオブジェを設置します。

設置期間 2019年1月17日(木)〜
場所 丸ビル 外構部
TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

FITNESS

丸ビル1階・マルキューブ
2019年1月19日(土)15:30~

数多くの有名タレントやモデルをクライアントに持つカリスマトレーナーAYAさんによる、ラグビーの要素を取り入れたスペシャルエクササイズプログラムを実施します。

AYA

クロスフィットトレーナー

1984年生まれ。体育大学を卒業後フィットネスインストラクターになり、その後運動強度の高い「クロスフィット」と出会う。
現在、数多くのタレント・モデルをはじめ、カラダへの意識の高い多くのクライアントを担当。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス
SHARE

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。