丸の内15丁目 PROJECT. にわかだってイイじゃない!! MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL

SCROLL

イベント
スケジュール

RUG BIZ SHOW ビジネススクール

TACKLE THE ISSUE 不屈の社会学

ラグビーの世界には、現代社会に不可欠なすべてが備わっている。
選手それぞれに求められる、「リーダーシップ」。
お互いの役割を理解し、生かす、「マネジメント」。
ゲームプランを緻密に組み立てる、「戦略的思考」。

突破不可能と思われる課題に対しても、抜本的な解決策を生み出す。
そして、規律や伝統を尊重しながらも、新たな変化を許容する土壌がある。
「一人は全員のために。全員は一つの目標のために。」
ラグビーは、最小組織の中で起こる、究極の社会学である。

ここは、そんなラグビーの柔軟かつ不屈の思考法で、課題を捉え、学ぶ場。
ビジネスの最前線で活躍するラガーマンや、現役の選手から、
実際の体験とその過程を基に講義を行ってもらう。

2019年6月13日(木)
19:30〜20:30

地方からラグビーを盛り上げる

前ヤマハ発動機ラグビー部監督でクラブ史上初めての日本一に導いた清宮克幸さんと、前北海道バーバリアンズ代表として地域に密着した生涯スポーツの振興、交流、ボランティア活動の実践などを目標に活動を続ける田尻稲雄さん。
ラグビーを通して地域や企業とともに、さまざまな人々との出会い、交流するプラットフォームをつくり、継続的かつ自立的な循環を生み出し続けている2人に学ぶ。

コーディネーター:大林尚さん(日本経済新聞社 上級論説委員)

清宮 克幸

前 ヤマハ発動機ラグビー部監督
一般社団法人アザレアスポーツクラブ 代表理事

1967年、大阪府生まれ。1986年に早稲田大学入学。2年時に日本選手権優勝。4年時には主将として大学選手権優勝に導く。大学卒業後、1990年にサントリーラグビー部に入部、1992~94年には主将を務める。2001年に引退後、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。
就任後5年連続で関東大学対抗戦全勝優勝、大学選手権も3度制覇を果たす。2006年にサントリーラグビー部へ監督として復帰。2007年度に、サントリーを初のトップリーグチャンピオンへと導く。2011年よりヤマハ発動機ラグビー部監督に就任し、2015年2月の日本選手権でクラブ史上初めての日本一に導く。
2018-2019年シーズン終了をもって監督を退任。静岡県で、2019年1月、女性と子どもたちを対象とした総合スポーツクラブ、一般社団法人アザレアスポーツクラブを立ち上げ代表理事に就任。

田尻稲雄

北海道ラグビー協会会長
メディカルシステムネットワーク代表取締役社長
前北海道バーバリアンズ代表

1948年5月生まれ。北海道小樽潮陵高校の体育の授業で始めてラグビーに出会う。
1975年 体育の授業でしか経験のない者達だけでVomits(反吐)創設し、初代キャプテンに就任。1987年 北海道バーバリアンズに名称変更。
1999年 (株)メディカルシステムネットワーク設立 代表取締役社長就任。
2019年 一般財団法人 北海道ラグビーフットボール協会会長就任。

藤島大

スポーツライター

1961年、東京生まれ。早稲田大学でラグビー部に所属。スポーツニッポン新聞社を経て、92年に独立後、都立国立高校、早稲田大学でコーチを歴任。現在はJ SPORTSのラグビー中継でコメンテーターを務める。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

RUGBY THEATER 映画館

激闘が生んだ物語

ラグビーは、私たちに教えてくれる。
少年の心を。不屈の精神を。努力の意味を。
愛を誇りを。紳士の流儀を。

そんな男たちの闘いは、
試合ごとに、プレーごとに、名勝負を生み出してきた。
それだけではない。
同時に生み出されてきた、
男たちのドラマがある。

極限の精神が生み出した、
剥き出しの物語を軸に据え、
ラグビーを描く、全6本(予定)のショートストーリー。

それはきっと、すべての心に訴えかける。

「BY THE RUGBY」完成披露試写会

2019年6月14日(金)
18:00~19:00

糸井重里

「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

THEATER 劇場

2019年6月16日(日)
17:00〜18:00

スクラムトーク

「ラグビーを異なるスポーツ視点で見たら?」をテーマに、サッカー、柔道、ラグビーと各スポーツ界のレジェンド3名による異種混合戦トークイベント。

松木 安太郎

サッカー指導者・解説者

1957年東京生まれ。
小学4年生で読売クラブ(現東京ヴェルディ)に入団。
83年の日本リーグ初優勝をはじめ数々のタイトルを獲得。主将も務めた。
日本代表としてメキシコW杯予選、アジア競技大会、ソウル五輪予選などに出場。90年に現役引退。
読売ユース監督、トップチームヘッドコーチを経て、93年ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の監督に就任。
同年と翌94年に第2ステージで優勝し、チャンピオンシップを制して2年連続優勝(Jリーグ最年少監督)。
98年セレッソ大阪監督、01年東京ヴェルディ監督を歴任。
現在はテレビなどで解説者として活躍。

谷本 歩実

元柔道日本代表
柔道指導者、医学博士

小学3年生で柔道に出会い、20年間の現役生活を送る。2004年アテネ五輪、2008年北京五輪では、柔道五輪史上初のオール一本勝ちで2連覇を果たす。2011年に引退後、JOC海外指導者研修で2年間フランスへ留学。2013年〜2016年、全日本ナショナルチームの特別コーチを経て、現在全日本ジュニアコーチを務める。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。

廣瀬俊朗

ラグビーワールドカップ2019™アンバサダー

1981年大阪生まれ。5歳のときにラグビーを始め、府立北野高校を経て慶應義塾大学理工学部に進学。
1999年度U19日本代表、高校日本代表に選出される。2004年、東芝ブレイブルーパスに入団し、2007年主将就任(2007~11年度)。
2007年日本代表入り。通算キャップ28。
ポディションはスタンドオフ(SO)、ウイング(WTB)。
2015年ラグビーワールドカップでは、日本代表史上初となる同一大会3勝に貢献。日本代表ではエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ就任後、2014年3月まで主将を2年間務め精神面でもチームを支えた。
引退後においては、現在ビジネスブレークスルー大学院で勉強中である。NPO Doooooooo理事、一般社団法人スポーツボランティア協会代表理事、一般社団法人キャプテン塾代表理事として活動する。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

RESTAURANT DISTRICT レストラン街

ラガー「丼」 MARUNOUCHI CUP 2019 ラガー「丼」 MARUNOUCHI CUP 2019

大手町、丸の内、有楽町の飲食店41店舗でラグビーをテーマにした丼ぶりメニュー、ラガー丼が期間限定で登場!
対象メニューの中から「美味しい」と思ったものをTwitterに投稿して、あなたのNo.1を決めよう。
さらに、投稿した方の中から「ラグビーワールドカップ 2019™ペア観戦チケット」を抽選でプレゼント!
ほかにもこの期間だけの関連メニューやカフェメニューも楽しめるのでぜひトライしてみよう!

キャンペーン概要

景品

準々決勝2 〔10月19日(土)@東京スタジアム〕「プールB1位 対 プールA2位」観戦チケット(ペア2組4名様)

参加方法

「美味しかった」ラガー「丼」をTwitterで投稿しよう!
投稿した方の中から抽選で「ラグビーワールドカップ2019™ペア観戦チケット」をプレゼント!

【ラグビーワールドカップ2019™大会チケット懸賞規約】

・当選者は20歳以上の日本在住の方に限る。キャンペーン主催者の従業員、それらの代理人、第三者ならびに本プロモーションに職業上関与する者およびその直接の親族は、授賞段階でプロモーションから除外するものとする。・当選者およびゲストは、当日、IDを持参する必要がある。・各当選者およびそのゲストは、随時チケットの発行および使用に適用される条件を遵守することに同意する。この条件は日本法、([TBC]およびRugby World Cup Limited(「RWCL」)が随時決定するその他のウェブページで閲覧可能)、さらに場合に応じ(i)RWCL、(ii)組織委員会(日本ラグビーフットボール協会「組織委員会」)、および(iii)開催地の所有者もしくは運営者、の規則および規制で、ラグビーワールドカップ開催地およびその他のそれに関連する区域へのアクセスに関する規則および規制(RWCLが決定する認証条件含む)に服し、これらそれぞれは日本法に従う。さらに各当選者およびそのゲストは、賞を受領する前に、自らが、チケットの使用およびチケット条件の遵守に関して、RWCLおよび組織委員会との直接の確認もしくは合意を締結することを要することがあることにつき確認する。・当選者およびゲストは、ラグビーワールドカップチケットを使用しながら、政治的スローガンや人種差別的表現、下劣もしくは明示的に性的な性質の画像、競合他社のロゴを含んだ画像、あからさまなブランドスポンサーシップもしくはその他アンブッシュマーケティングやラグビーワールドカップの悪用とみなされるもの、また侮辱的、卑猥、違法、野卑、不快その他不適切もしくは他者の権利(知的財産権含む)を害するものや、RWCLもしくはラグビーワールドカップにネガティブな影響を与えるものを、示したり公にしたりしてはならない。各エントリー者は、本項への違反はRWCLにとって重大な損害および損失をもたらしうることにつき同意し確認する。・詳細情報を記入することにより、貴殿は、連絡を拒否しない限り、キャンペーン主催者からの電子メールを受信することに同意するものとする。貴殿の情報は、データ保護法に従って安全に保管され、キャンペーン主催者は他の何者とも貴殿の詳細情報を共有しないものとする・キャンペーン主催者は、RWCL、電通および組織委員会(およびそれらのサービスプロバイダーもしくは代理人)に対して、ラグビーワールドカップチケットの配布・使用状況および関連する体験のモニター目的で、または、チケット使用等に関するRWCLまたは組織委員会の規則、ルールへの違反が疑われる場合の当該当選者の調査のために、賞の当選者に関する個人情報を提供することができる。・このプロモーションは、RWCLと電通の許可を得て三菱地所株式会社が行うものである。したがって三菱地所株式会社についての一切の運営ならびに事項および懸案については三菱地所株式会社が責任を負い、RWCLまたはその他のラグビーワールドカップ2019の開催に関与する者(組織委員会含む)、ならびにワールドラグビー(以前の国際ラグビー評議会)は、このプロモーションについて、エントリー者に対して何らの責任も負わないものとする。・キャンペーンの主催者の名称及び住所 三菱地所株式会社 東京都千代田区大手町1-1-1 ・懸賞開始日 2019年6月12日 ・懸賞完了日 2019年7月15日・オンラインエントリ用ウェブサイトアドレス Twitterアカウント:@marunouchi15 ・賞 ラグビーワールドカップ2019™日本大会・準々決勝2「プールB1位対プールA2位」観戦ペアチケット2組(計4枚)

【注意事項】

・本キャンペーンの投稿条件に従い、2019年7月15日(月祝)迄にご応募いただいた方の中から抽選のうえ、当選者のTwitterアカウントへキャンペーンアカウントよりTwitterのダイレクトメッセージ(DM)にて当選通知をいたします。・当選者の発表はTwitterのDMでの当選通知をもってかえさせていただきます。・当選者の長期不在や、商品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合、ご当選を無効とさせていただきます。・観戦する試合の席種はお選びいただけません。また、観戦会場までの交通費や宿泊費等、付帯する費用はお客様のご負担となります。・大会日程およびプレゼント内容は、都合により予告なく変更する場合がございます。また、天災地変・戦乱・暴動、その他やむをえない事情により、大会が中止になる場合がございます。・主催者である三菱地所株式会社は、本キャンペーンに関してお客さまに発生した損害について、一切の責任を負いません。・このプロモーションに関してご不明点等ございましたら、DMにてお問い合わせ下さい。・問い合わせ先:ラガー「丼」MARUNOUCHI CUP 問い合わせ事務局 Twitterアカウント:@marunouchi15

RUGBY ART EXHIBITION 美術館

ラグビーXアート

ラグビーはフィジカルだけでは成り立たない。
計算し尽くされた戦略と戦術。
繊細かつ綿密な思考によって、研究と検証を重ね、組み立てられた至高のチームプレーはまさにアート。
この美術館はラグビーの芸術的な魅力を発信する場所。

ART SCRUM

ラグビー部出身で、日本を代表する芸術家、建築家、音楽家、デザイナー15名がラグビーボールをテーマに、作品でスクラムを組んだ世界で初めてのアート展示。

2019年6月12日(水)〜6月14日(金)11:00〜20:00
2019年6月15日(土)〜6月16日(日)11:00〜19:00

丸の内 15 丁目 PROJECT/ART SCRUM

オリジナル・アートプログラム「ART SCRUM」は、三菱地所が主催する「丸の内 15 丁目 PROJECT.」のアート企画です。
彫刻の森芸術文化財団プロデュースにより、「ラグビーは、アートだ。」をコンセプトに、
ラグビー経験があり現在も変わらずラグビーへの熱い想いを持つ、
日本を代表する、美術家、音楽家、建築家、デザイナー15名がラグビーボール等をテーマにした作品を制作、展示するものです。
2019年6月12日(水)から11月2日(土)まで東京・丸の内エリアを中心に、横浜、大阪、大分、箱根と巡回していきます。

ART SCRUM オープニングイベント

2019年6月15日(土)
15:15〜16:30

小澤征爾音楽塾オーケストラ ブラスアンサンブル(金管八重奏)によるオープニングイベント。
中学時代にラグビーに夢中になり、今なおラグビーをこよなく愛する指揮者 小澤征爾氏。
氏が2000年から続けている若手演奏家のための教育プロジェクト “小澤征爾音楽塾”から選抜された、小澤征爾音楽塾 オーケストラ ブラスアンサンブル(金管八重奏)によるラグビーワールドカップ2019™のテーマ曲「World in Union」の演奏で、本企画を盛り上げます。
※小澤征爾さん本人の出演は御座いません

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

チコちゃんトークショー

人気テレビ番組「チコちゃんに叱られる!」より、チコちゃんが丸の内に登場!チコちゃんによるラグビーへの疑問を解決するトークショーや、RUGBY BENCH ART除幕式を開催。

RUGBY BENCH ART 除幕式

2019年6月15日(土)
13:30〜14:00

人気テレビ番組「チコちゃんに叱られる!」より、チコちゃんが丸の内に登場!チコちゃんによるラグビーへの疑問を解決するトークショーや、RUGBY BENCH ART除幕式を開催。また、栃ノ心関、羽生結弦選手のベンチアートも新たに登場します。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

FITNESS フィットネス

ラグビー×フィットネス みんなでラガーマン体操

2019年6月15日(土)
11:00〜12:00

「筋肉」をテーマにした人気番組「みんなで筋肉体操」の谷本道哉氏と、元「おかあさんといっしょ」体操のお兄さん 佐藤弘道氏を迎え、現役のラグビー選手も招き、トークを交えながら、筋肉の鍛え方を実演いただきます。ラグビー選手の躍動する筋肉美をあなたも間近に感じてみては?

谷本 道哉

筋肉指導

近畿大学准教授。専門は筋生理学。博士(学術)。
大阪大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
「NHKみんなで筋肉体操」で筋肉指導。

佐藤 弘道

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」10代目体操のお兄さん
医学博士

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

PUBLISHERS 出版社

2019年6月13日(木)
13:00〜14:00

VERY「ファミリーラグビー」宣言

人気雑誌『VERY』とラグビーがコラボレーション。「ファミリーラグビー」宣言のもと、
VERYモデルやVERY編集長とラガーマンが語りあい、ママ目線で見た新鮮なラグビーの魅力など、家族ならではのラグビーの楽しみ方を語りあうトークショー。

滝沢 眞規子

VERYモデル

VERYを代表する人気モデル。2016年10月号からカバーモデルも務める。〝お母さん業“が大好きと言い切る彼女のライフスタイルは、愛情とセンスでいっぱい。3児の母。特技は貼り絵、飾り巻寿司など多彩。

今尾 朝子

VERY編集長

「VERY」編集長。神奈川県生まれ。O型。‘98年に光文社に入社。その後、「VERY」編集部、新雑誌開発室、「STORY」編集部を経て、‘07年9月より現職。12年から「VERY」ブランド事業部室長を兼任。

大畑 大介

ラグビーワールドカップ2019™アンバサダー
神戸製鋼コベルコスティーラーズ アンバサダー

1975年大阪府生まれ。
「ニッポン・ラグビー」が世界に誇るトライ王。日本人至上2人目、ワールドラグビー殿堂入り。
小学校3年生からラグビーを始め、東海大仰星高校時代には高校日本代表に選出。
京都産業大学へ進み日本代表として活躍、1998年に神戸製鋼入社し、日本のトライゲッター、エースとして活躍。
2001年に、オーストラリアのノーザンサバーブ・クラブで2003年にはフランス・モンフェランでプレー。2003-2004年シーズンからはラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズにプロ選手として契約を交わす。その後日本代表キャプテンを務めるなどラグビー日本代表の牽引者として、W杯に2度(1999年、2003年)の出場を果たす。
代表試合トライ数世界新記録を樹立、その記録を69トライまで伸ばす。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

2019年6月14日(金)
11:00〜12:00

集英社「楕円球LOVE!」創刊発表会(トークショー)

ラグビー応援サイト「楕円球LOVE!」の創刊イベントでは俳優の滝藤賢一さんをゲストに迎えラグビートークを繰り広げます。

滝藤 賢一

1976年愛知県生まれ。長く舞台俳優としてキャリアを積み、その変幻自在の演技力で近年はドラマや映画に引っ張りだこ。
雑誌『UOMO』(集英社)ではさまざまな企画で服好きっぷりも披露。

内田 理央

1991年9月27日生まれ/東京都出身
女優、モデルとして活躍中。MORE専属モデル。
ドラマ『海月姫』『向かいのバズる家族』などに出演。
大ヒットドラマの映画化『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が8/23に公開。

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

2019年6月16日(日)
15:00〜16:00

VERY「ファミリーラグビー」的
ラグビー “いい” 話

人気雑誌『VERY』とラグビーがコラボレーション。「ファミリーラグビー」宣言のもと、
ラガーマン自身の経験もふまえたラグビーを通じた子供の教育への活かし方や気軽に家族でラグビーを楽しむポイントなどをVERYモデルと語りあうトークショー。

神山 まりあ

VERYモデル

生年月日:1987年2月17日
出身地:東京都

2011ミス・ユニバース・ジャパングランプリ。2015年に結婚、2016年男児出産。ファッション誌、コラム執筆、テレビ、イベントなどで活躍。飾らない明るいキャラクターが魅力で、インスタグラム(ID:mariakamiyama)も人気。初の著書「神山まりあのガハハ育児語録」(光文社)好評発売中。
公式HP:http://www.incent.jp/idea/model/kamiyama/index.html
Instagram:https://www.instagram.com/mariakamiyama/

畠山 健介

日本ラグビーフットボール選手会 会長
ポジション:プロップ

2011年、2015年のワールドカップでは全試合に出場。日本代表キャップは歴代4位となる78(2018年8月現在)

会場名 マルキューブ
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス

VERY表紙撮影体験

2019年6月13日(木)〜6月16(日)13:00〜17:00

人気雑誌「VERY」の表紙風撮影体験ができるブースが丸ビルに登場!
モデルになりきってVERYの表紙を飾ろう!

参加方法:対象店舗の税込3,000円以上のレシート提示にてご参加いただけます。

※各日先着でのご案内となります。
※イベント期間中のレシート合算可。
※おひとり様一日1回。
上記以外はフォトスポットとしてどなたでもご利用いただけます(11:00-20:00 ※土日は19:00まで)
※詳しくはブーススタッフにお問い合わせください。

会場名 丸ビル3F 回廊
問い合わせ先 丸の内15丁目プロジェクト運営事務局
メールアドレス
SHARE

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。