RUGBY ART EXHIBITION 美術館

ラグビーXアート

ラグビーはフィジカルだけでは成り立たない。
計算し尽くされた戦略と戦術。
繊細かつ綿密な思考によって、研究と検証を重ね、組み立てられた至高のチームプレーはまさにアート。
この美術館はラグビーの芸術的な魅力を発信する場所。

展示中のアート

丸の内15丁目PROJECT
ラグビーアート展「ライブペインティング」

2018年9月に開催したライブペインティングの様子を公開。

RUGBY BENCH ART

丸の内からラグビーを盛り上げていくために、ラグビーボールを持った様々な有名人や人気キャラクターの像を、ベンチに設置します。ベンチとしてはもちろんのこと、隣に座って記念撮影ができるフォトスポットとして、お楽しみいただけます。

中川家
くまモン

RUGBY BENCH ART

「ラグビーワールドカップ2019TM」のオフィシャルスポンサーを務める三菱地所が展開するプロジェクト、「丸の内15丁目プロジェクト」の象徴として、高さ約4mの巨大なラグビーボールオブジェを設置します。

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

展示されていたアート

RUGBY ART EXHIBITION

劇的勝利を収めた2015年の日本対南アフリカ戦、ラスト4分間のプレーの過程を、パスの軌跡や、選手たちの走行データなどを基に分析。 1秒単位のプレー記録を、平面上で連続的に視覚化する。
ラグビーというスポーツの、目には見えない素晴らしさを、より多面的かつ実証的に伝えるためのアートプロジェクトである。

SHARE

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。